悩んでいるカップル

気軽に相談出来る

夫婦関係の存続が出来ないと考えた場合の選択肢の一つとして離婚があります。その離婚を行うためにはまず弁護士に相談をしてみることが大切です。そうする事で効率的に離婚が出来る場合があります。

Read More

問題を残さない

離婚することでトラブルが起こるのは、決しておかしいことではありません。それに、ほとんどの人はトラブルを抱えた状態で離婚の調停などを行なっているまたは行なった人が多いでしょう。

Read More

司法書士を利用しよう

金融機関からお金を借りるときは金利負担が存在しますけど、実は過剰に金利を支払っていることがあります。日本の金融機関の金利には2つのものがあり、ひとつは融資のものでもうひとつは出資のものです。融資でお金を貸すときは金利が低いのですが、出資で貸すときは金利が高くなります。そのため本来であれば融資で貸すべきものに対して、出資でお金を貸すと過剰に金利をとれることになります。そういう違いを利用して高い金利を取っていた業者が多く、そういう金利負担を取り戻す手続きを過払い金請求といいます。そしてこのような手続きは司法書士を使って行うことが可能で、低価格で仕事の依頼ができます。以前はある程度の負担がかかることがありましたが、過払い金問題が大きくなってから低価格で利用できる事が増えています。

金融機関に過剰に金利負担を支払っていた場合に、それを取り戻すことを過払い金請求といいます。この過払い金請求をする時は法的な手続きになるので、何らかの専門家に頼むことになります。法律の専門家というと弁護士が有名ですが、弁護士は利用する時の料金が高い傾向があります。そのため利用する時の負担が軽い司法書士を使って、手続きをする人が最近は多いです。司法書士に頼んで過払い金請求をする時は、以前は利用しづらいところがありました。なぜなら過払い金請求は昔はあまり行われておらず、協力をしてくれる司法書士も少なかったからです。しかし今は過払い金請求をする人が増えてきたので、それに合わせて司法書士も協力をしてくれるように変わっています。

離婚するには

離婚することは、どんな夫婦でも一度は考えてしまうことなのかしれません。ですが、昔は離婚に対して良いイメージではありませんのでした。しかし、現代では離婚する夫婦が増えているのが現状です。

Read More